一生は泣いても笑ってもたった一度

これは高見順の晩年の詩集

『死の淵より』の一部であるが、

たしかに、われわれは気づかない聞に、

一刻一刻と自分の死期に近づいている。

この一生は泣いても笑ってもたつた一度しかないのに、どうしてくだらぬことに使い、体をすりへらしているのだろう。

柴田期氏も『されどわれらが日々』の中で次のように詠んでいる。

空を見上げると雲が流れているでしょう。

今まで光っていた星がすっと消えると、その横で別の星が光り始めます。

ぼくは、ああ、あれが人の命なのだという感傷的な想いを打ち消すことができませんでした。

そして、あの星が消えるように、命が消える瞬間、人は一体何を思い起すのだろうかと考えました

 

葬儀を支度する人は喪家の代表者、地域の偉い人や関連する派閥、企業の関係者など、信頼のおける人のアドバイスを思念して決定するのがいいでしょう。
初めて葬儀を実行する人は疑心が多いと言えますがお葬式は死ぬまでに繰り返し行うことではないので、大方の方は素人です。
『終活』ってイメージ通り一生涯の終わり方の勉強であり、終身の最後を格段に良いものにすべく先だって用意しておくべきと言われる活動を指します。
確実に来た人をどれくらいの人をお願いしてどんだけのクラスの葬儀式をするのかを検討したり、亡くなった人の信仰などを考えて、どんなイメージの葬儀を行うかを決定します。
セレモニー会場から弔辞を願い出た人に至るところ、望みがあれば細部に至るまで記述する事が出来るのが遺言ノートの魅力でもあると思います。

ことさら記載した老いじたくノートも伏在を家族が知らなければ意味がないので、信頼出来る人間に伝えましょう。
悔いを残さない御葬式を執り行うためにも明確でなくても良いのでこういう感じのお葬式にしたいなぁ、といった感覚を、することが大事なことです。
良いお別れの儀式とはさよならだけに専心できる葬儀のことでつまることなく無事に葬儀を終了することができ、後悔なくサヨナラを行うことが、良い葬儀だと思えます。
家族や姉妹への心の声を告知する帳面として、そのうえ自己のための検討総括手記として、年齢に縛られず気取らず文筆することが出来る、暮らしの中でも助けになる手記です。
昭和初期から使用していた仏壇にはキズや汚れの張り付き木地の反り金具の錆、彫刻の破損金箔のはがれ、など、見た感じが衰えます。

見え見えな骨格がない『家族葬』というタイトルですが、主部に家族や友人、親しい方をまとめ役とした少ない人での葬儀の称して利用されています。
ただし昨今では火葬だけや家族葬や密葬を希望する遺族も多くなったので最後の時は一番好きな場所でと、ご自宅を選ぶ方も増加傾向にあります。
母屋で内輪だけの法事をされる場合戒名ではなく亡くなった人の氏名のほうが胸に残るのであればそれはそれでかまわないのでは、無いのではないかといえます。
葬儀屋ってのは葬儀に不可欠な用意を手に入れ葬式を執り行う役回りを、背負う仕事を行う組織で、葬儀を行う事や、それに就業する人の事を意味します。
仏の供養をやるご家族・親類が切れてしまうとか親戚、の代理人として、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に依頼して、ご家族の命日に、決められた年数、供養をやってもらうこと、永代供養と呼んでいるようです。

Leave a Reply