仏式において北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置のルールについては仏式以外の別々の宗教・宗派によって慣習が変化します…。

「葬儀僧侶」と言う言葉も「葬儀・法事にしか携わらない僧侶」を揶揄しただけでなく「葬式に関係するから穢れている」という意味を示したりする。
仏式において北枕に安置するのが良いといわれていますがご遺体の安置のルールについては仏式以外の別々の宗教・宗派によって慣習が変化します。
近年では通夜式・告別式を執り行わない直接火葬(火葬とは、葬送の一手段として遺体を焼却することである。また、遺体の焼却を伴う葬儀全体も指す。 火葬を行う施設や建築物を火葬場と呼ぶ。東京では臨海斎場、大阪では大阪市立北斎場が公営の火葬場として有名)場で故人を納骨を実践する『直葬』を施すご家族が増えているそうです。
日蓮宗ではどこの聖人を本尊と理解してもどれもこれもお釈迦様に通ずると考えた教えだと言っていますが、往生人の家でお葬式をお葬式を行うときは、本尊様ということでお軸が用いられたりします。
損のない葬式だったと思えるためにもなんとなくでも問題ないのでこういう感じのお葬式にしたいなぁ、という準備知識を、持つことを勧めます。

無宗教の葬儀告別式は制限のない反面いくらかのシナリオを準備する、方がいいこともあり、お望みや気持ちをもとに、お見送りの会を生み出す、進行が基本です。
たくさんの方はお葬式を行った事例がないのでお金はどの位かかるのか不安相場がどれ位なのか知りたい、と心配になる人が多いそうです。
このところ墓石の製作工程の大きな向上により設計の自由度が、やけに高くなり、自らの墓石を、自分で企画する事が、出来るのです。
母屋で身内だけの法事をされる時戒名ではなく亡くなった人の氏名のほうが心にしっくりくるとしたらそれでもかまわないのでは、無いんじゃないかと思います。
葬儀セミナーや終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)座談会や葬儀式場見学会などをやっているから、とにかくそれらに行ってみることを導いています。

もしもお葬式の会場に関しても有名なホテルの大部屋がいいという要望もあれば、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)の壮大な雰囲気の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
親族代表は通夜式の実務的な面での代表となり広い範囲の働きとしては参列者へのおもてなし、等が考えられます。
交際のある僧がわからない、私自身の当家の宗旨宗派が記憶がない方は、何よりも親や親類に問い合わせましょう
臨済宗のお寺などにお勤めした経験のある人でしたら承知だと思いますが、寺院(寺院は、仏教における祭祀施設である。寺、仏閣ともいう。出家者が起居し宗教的儀式を行う施設である。 本来は仏教用語であるが、神道を除く諸宗教の教会・神殿を指す語としても広く用いられている)に飛び込むと、最奥部の菩薩を設置してある壇や修行僧が手を合わせるための壇が造られています。
終活(平成21年に週刊朝日が造った言葉で、当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを言います)って最後の生涯を『どんな感じに生きたいか』といったような考えを形式に行うこと、スタイルのエンディングに向かってアクティブに手筈することで、良好な生きる活動です。