義務化された仏式葬儀

通常ならお亡くなりになられた人に交付される呼び方とは違い、仏道修行で精錬した、出家者に与えたんですが、少し前から、決められた儀式などを、受けた一般の人にも、伝授されることになっているようです。
良いお見送りする会とはお見送りに集中できる葬儀のことで躊躇うことなく無事に葬儀告別式を終えることができ、ラストのお見送りが出来ることが、良いお葬式といえるかもしれません。
このごろ墓石の製造工程の大幅な変化により設計の柔軟度が、めちゃくちゃ高くなり、オリジナルの墓石を、自らでデザインする事が、出来ると言うことになったわけなのです。
仏様の生前からの考えを受けて慎ましく近親者のみで葬儀を執り行い済ませたところお通夜・葬儀告別式に参列することが不可能だった人が、お参りにちょくちょく自宅に、きてくれます。
葬式の動きや進行すべきポイントは葬儀社が案内してくれますしお礼の言葉も定型文があるので、そこに少々遺族の気持ちをプラスして話をすれば大丈夫ですよ。
祭事は寺院の坊主によって授戒(仏に入る者に戒律を授ける)と引導(故人を彼岸に導くこと)を行う仏式で、通例では家族のみが参加されていたようです。

 

江戸幕府の成立は日本の葬送史においても画期をなす出来事であった。

良いお別れの儀式とは、お別れだけに専心出来る葬儀のことで円滑に葬式を締めくくることができお終いのお別れが出来ることが良い葬儀だと思えます。

すなわち、幕府によって日本国民は原則として仏式お葬式を行なうことを義務づけられたのである。

いてらうけじだんわゆる寺請制度(寺檀制度)である。

隠れキリシタンを摘発するために考案されたというこの制度は、具体的には次のようなものであった。

そのうえお墓の形も近年では豊富で、古くは決められた形状のものでしたが最近は和風洋風色々なお墓が多くなってきていますし制限のない形状にする方々も多数存在されます。

「日本の全国民について、家ごとに全員について、その年齢宗旨を書き、一家の主人がきもいりだんなでら捺印し、組頭・肝煎等がこれに連署し、さらに檀那寺の住職がこれを証明した。

いかに他人から聞いたような書物に記されているみたいなここが良いとされる場所にしても、いつも手を合わせられないみたいな配置では効果がないのです。

これをしゆうもんあらためちよう宗旨人別帳とも宗門改帳とも言った。

これは一種の戸籍であって、婚姻・旅行・移住等に必ずこの証文を必要とした。

例えば旅行にも、檀那寺の寺請証文なしには、関所を通ることができなかった。

さらに死亡したときにも、住職が死骸を検分し、その死相を見届け、キリシタンでないことを請合いの上、引導を渡すべきであったという。

例として葬儀式場のことに関しても最高級ホテルの大会場が良いという方もいれば、寺院の荘厳な情景の中で、お見送りしたいという家族もいると思います。
過去では通夜は故人の関係深い人たちが日が昇るまで死者に寄り添うというのが慣習でしたが、近頃は関係者をお迎えして通夜を施し、数時間で終わるのが殆どです。

このようにして、幕府の命令によって日本人はすべて、どこかの寺の檀家とならねばなかった」(平川彰「インド・中国・日本仏教通史』)つまり、僧は死者の供養をするだけではなく、検死も行なっていたわけだ。

家族の希望を表してくれるのは、要するにお客様本位の葬儀社(葬儀社とは、葬儀に必要な支度を調達し、葬儀を執り行う役割を請け負う仕事を行う会社です。

この段階で怪しいということにでもなれば、葬式は出せなくなるばかりか、お上のきびしい取り調べを受けることになった。

この結果、人々は特定のお寺に檀家として所属させられるごらいしげることになり、以後この関係は固定化されることになった。

仏教民俗学者の五来重氏は、檀家を放たれるとお葬式をしてもらえないので、人々は檀那寺の言うままになったと述べている(「先祖供養と墓』)が、実際にはそこまで厳密なものではなかったようだ。
一緒に住んでいた父が独りである日徐に散歩に外出して毎回お葬式・お墓・永代供養などのチラシを持って帰宅し楽しそうに話を聞かせてくれました。
お見送りの時間では皆様方により故人の周りにお花を供えて、死者とのエンディングの別れをしてもらい、火葬場へ踏み出します。

江戸後期の宗教者の日記には、檀那寺の住職とケンカになって宗旨替えした者の話があり含大江戸泉光院旅日記』)、寺請制度の枠組みさえ守れば、その中での自由はある程ずいき度あったものと思われる。

また、地区のお葬式には他宗の僧も客僧として随喜する(参加する)という地方もあり、お葬式はたんに一家庭の儀礼ではなく、地域の行事としての性質もあった。

檀那寺との関係が悪化したからといってお葬式が出せなくなることはなかっただろう。

近世以降のお葬式が、地域の互助組織(葬式組)によって実質的に運営されてきたのも、地域行事的性質のためだと考えられる。

お葬式の作法(お葬式次第・葬具・所作など)は地区ごとに伝承され、長老から若者へと伝えられていった。

その意味でお葬式は成人式(成年式)に近いものだったといえる。

ご、う‘しやいつぽう豊かな町人の間ではお葬式の豪著化が進み、葬送関連業者(棺桶屋や葬具屋、人足派遣、火葬場など)を発展させることになった。

当時の随筆には、火葬場が寺に営業に回って、「お安く、入念に焼き上げます」と宣伝していたという、実に江戸時代らしいエピソードが載せられている。

習慣的に地元密着というフューネラル会社が多いみたいですが今日この頃では花祭壇が得意な業者など、オリジナリティをいかした、葬儀社も見られます。
想いの強い方が亡くなったことを認めた上で故人の冥福を祈る事で集まって頂いた親族や友人達が、感じ合うことで、心がケアされていくのです。

形式化・硬直化といったさまざまな問題を抱えながらも、寺請制度は幕末まで維持された。

国家神道をイデオロギーの根幹においた明治政府はこれを嫌い、神仏分離や大きょうせんぷ教宣布活動(国家神道を国民に布教しようとする政策)、神葬祭の普及などによって解体しようとした(青山霊園・雑司ヶ谷墓地は神葬祭墓地として計画された)が、付け焼き刃的な計画は実効を現わさず、檀家制度は中途半端な形で残されることになった。

死没者は趣味が釣りだというご主人の話を聞いていたことによって釣り好きの故人のために祭壇を釣りに見立てて、御提唱させていただきました。
忌明けの法事まで使用されるのが当たり前おいてお通夜とか葬儀に参列出来なかった知り合いが、弔問に来た際には、後飾り祭壇でお線香をあげてもらいます。

神仏分離・ひつぱノ、廃仏殿釈は寺院の経営を逼迫させるという面では成功したので、むしろ寺院を檀家制度にしがみつかせる結果になったとさえいえる。

Leave a Reply